職場に中古複合機を置いても大丈夫?

7月 09, 2014 at 12:00 AM by admin

中古のパソコン機器は信用ができないという話があります。電子部品は何度も使っていくうちに劣化していくので、中古機器は壊れやすいというイメージがあります。この話を聞くと、職場にパソコン用の複合機などを設置しようと考えている事業主の方は、揃えるのであればすべて新品で買い揃えようと考える方も出てくるかと思います。しかし業務用の複合機は非常に高性能なものなので、新品の機器を全て用意するのは予算に大きく響いてしまいます。

業務用複合機にも中古販売をしている業者があります。複合機の中古は壊れやすいと思われる人もいるかと思うのですが、業務用複合機の業者は同時にリースもしているところが多いです。リース品は何度も部品の交換などをする性質上、よその中古業者よりも丁寧に扱われているという特徴があります。業務用に限って言えば、複合機は中古で用意したほうがお手軽と考えることも出来ます。間に合わせとしまして、買うのではなくリースで済ませることも可能です。

複合機はどのデスクワークにも必ず必要になってくる機械です。これが無いと仕事が始まらないという部分もありますので、どのようなものを選ぶにしても導入は早めに考えた方が業務は捗るかと思います。

中古の複合機を選ぶのは慎重に

6月 28, 2014 at 12:00 AM by admin

複合機の購入では中古が人気です。どれも格安になっていることがあり、本来は200万円位するものでも10万円程度の費用で購入できるなんてこともあります。190万円も費用を抑えることができるならコストを少しでも抑えたいと考えている会社では魅力的です。中古の複合機は選び方を間違えなければ長く使っていくことができますし、性能面での不安も会社での仕事量によって十分な力を発揮してくれる物が沢山あります。

ただ不安な点もあります。複合機の整備状況や、トータルのプリント枚数等によっては購入後、即寿命なんてことも考えられます。たとえ格安で購入できたとしてもすぐに使えなくなってしまうようでは購入した意味がありません。古いものならすぐにダメになってしまいますし、機能面や性能面でも仕事の役に立たない複合機なんてものもあります。中古の複合機を購入するときは新品の複合機を購入するとよりもずっと慎重になって選ばないといけないのです。

一日のプリント枚数や使用頻度等を調べてから会社で役立つ複合機を購入してみましょう。会社には必要のないくらい高性能な物も、会社には物足りないような劣化した複合機でもどちらでも購入は無駄になります。ちょうどいい性能の物を探してみてください。

Posted in 家電 | Comments (0)

新品よりいい、中古

6月 28, 2013 at 12:00 AM by admin

あなたの会社は、コピー機や複合機で、
失敗していませんか?

もしそうなら、次の購入までに、
いろいろ下調べしておかなければなりませんね。

問題は、どこで購入すれば確実か、ということなんですが・・

あなたには、お心当たりはありますか?
今の業者さん以外で(笑)

OA機器の販売店は、
無数にあります。
そんな状態では、なにを基準にすればいいのか、
わからなくなりますよね。

SEOで上位に上がった販売店?
それとも、口コミサイト?
同業者に教えてもらうのもアリですね。

ですが。操業20周年を迎えるOA機器のトータルプランナー。
http://www.ohw.jp/

年間販売台数が11500台の実績を誇る販売店を
これからご紹介できますが・・
ご興味は、おありでしょうか?

中古の複合機なら、
オフィスハードウェア エーワンこちら

コピー機、複合機だけでなく、
プリンターや、シュレッダー、インクも扱ってくれています。

厳格な、品質管理制度によって選び抜かれたOA機器。
それらは独自の仕入れルートを常に開拓することにより、
常時確保されています。

修理や保守にも対応。
かつ、中古品にも関わらず、
初期動作保証までついています。

今まで中古OA機器を購入したことがない方も、
安心のガイドが用意されておりますので、
抵抗なくHPをご覧になれます。

最良の機器との出会いがありますよう!

複合機をお探しなら中古品をうまく利用してみては

6月 22, 2013 at 12:00 AM by admin

オフィスの必需品といえば、コピー機やFAXなどが一緒になった複合機ではないでしょうか。コピー機、FAX、スキャナー、プリンターなどをひとつひとつ持っていたのではかさばりますし、購入費用もかさみます。これらの機能を必要とするならやはり複合機は欠かすことができません。

さて、複合機をオフィスに設置する方法としては、新品を購入するか、新品をリースするか、中古品を購入するか、中古品をレンタルするかになります。新品を購入するには百万単位の初期費用が発生しますし、リースの場合は返済は月々に分割されるとはいえ、リースの手数料が発生しますので余分に費用がかかります。また、リースを満了するまでに買い替えたいと思うようになるかもしれません。その点、中古品であれば購入にしてもレンタルにしても安く済みます。

例えばデザイン関連のお仕事など、印刷技術が最新のものである必要があるのであれば、新品にこだわる価値があるかもしれません。ですが、そこそこの印刷レベルで充分な業種であれば、中古品を上手に利用した方が、経費をおさえることができるかもしれません。複合機をお探しの場合は、中古品を利用することを視野に入れてみてくださいね。

遊休地からマンションの屋根まで「XSOL」の太陽光発電

4月 30, 2013 at 12:00 AM by admin

http://www.xsol.jp/business/太陽光発電は地球に優しく、また作った電気を電力会社に売る(売電)こともできるため、経費削減にもなります。2012年7月より、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(フィード・イン・タリフ)が開始された今、産業用太陽光発電システム導入の最適なタイミングです。

そこで、産業用太陽光発電を導入するなら「XSOL(エクソル)」を是非ご検討下さい。→http://www.xsol.jp/business/

「XSOL」の太陽光発電は、

1.低コスト設置により早期投資回収を目指す→XSOL50
 50kw未満の低圧なので、高圧連携のように高額な機器をそろえたり、広大な面積も必要ない。設置や連携に有資格者もいらないし、各種手続きも容易。

2.活用できず空いている土地を有効活用→メガソーラー・大規模発電所(XSOL LUCK)
 約3500坪から設置可能。時間のかかる基礎工事不要、ワンタッチ設置。

3.工場・倉庫の屋根を有効活用→XSOL接着剤工法
 接着剤で設置金具を固定するため屋根に穴をあける必要がなく、雨漏りメンテナンス不要。屋根が二重構造になるため断熱効果が得られる。

4.保有不動産(マンション・アパート・公共施設)で安定した収益を確保→XSOL DOT
 壁面設置可能。採光性がよく、配線が隠れるので美しい景観を維持できる。

など、それぞれ土地や建物に合わせたさまざまな太陽電池モジュールと、従来より簡単(工期が早い)でコストダウンした設置方法を組み合わせ、お客様に最適な太陽光発電を提案してくれます。

太陽光発電は法人税減税や最初の一年のグリーン投資減税などが受けられるため、税金が大幅にダウンします。設置した場合の利益率についてはシミュレーションや導入事例を見てみて下さい。